So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2016 第24回参議院選挙 [ニュース]

総務省が11日午前、第24回参院選の投票率を発表しました。投票率は54.7%で過去4番目の低さでした。
今回の選挙から選挙者年齢が18歳となり、投票率のアップを秘かに期待していた者としては不満な結果でした。
今回の選挙期間中、選挙カーの騒音もほとんど聞かず盛り上がりに欠けていた選挙だとは
感じていました。
今回の選挙の争点は、改憲勢力が2/3以上の議席を確保するか ということにあったと考えていましたが、結果は自民の圧勝で改選前の115席を120席に伸ばした。改憲4党の合計は159議席となり、2/3超えになるような結果でした。
今回の選挙、沖縄の基地問題、福島の原発、東北地方のTPPに一部現在の自公政権に反対
する動きもありましたが、自公政権の選挙戦略が勝利したように感じました。
メデアも都知事選の候補報道で参院選の報道に熱が入っていなかったように思えます。
自公政権の選挙戦略でも、改憲の話題はなく選挙の争点にならず、有権者のなかで「改憲勢力が2/3」のことを知らない人がインタビーの中で報道され関心の低さと、メデァの報道不足を感じました。

自分で考え、どように自分の意見を発言していくかを考えて行動することが大切であると感じた選挙でした。

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

「笑点」6代目司会と新メンバー カモフラージュ作戦みごとなり [エンタメ]

桂歌丸師匠(79)が「笑点」の司会を勇退した22日生放送の「歌丸ラスト大喜利スペシャル」で「笑点」6代目司会者に春風亭昇太(56)さんが後継指名されました。
笑点 AS20160522002555_comm.jpg

http://www.asahi.com/articles/ASJ5P3C28J5PUCVL002...



4月30日の桂歌丸師匠の笑点勇退を発表後、各メディアが後継者予想を発表していましたが、私の予想は、三遊亭円楽(66)さんが本命と考えていました。

桂歌丸師匠が春風亭昇太さんを推薦した理由を知り、今後の笑点を考えてのことと知り 現状維持の発想からの私の予想は、みごと外れたのでした。

桂歌丸師匠は、春風亭昇太さんを推薦した理由を次のように語っています。

「まず若さ、明るさ。そして即興力があるわけですよ。あの方は新作落語をやりますよね。古典も“昇太流の古典”でやる。同じネタでも昇太さんがやるとガラッと違ってきちゃうわけです。笑点はこれから何十年も続けてもらいたい。そのために若い昇太さんを推薦しました」

納得したのと同時に、一本取られたという感じです。

それから、2月には、すでに春風亭昇太さんの司会昇格が決まっていたということを知り、 みごとなカモフラージュ作戦に感心しました。

春風亭昇太さんの後には、林家三平(45)さんが新メンバーとして追加されました。
林家三平さんも3月には決まっていたようです。

林家三平さんも日本テレビから「誰かに言ったら出演を見合わすことも」と言われ、29日
の発表の日まで「家族にも一切秘密にしていた」と言っています。


林家三平さん kyo_origin_1_2.jpg

左:新メンバーの林家三平さん
右:チャリティーマラソンの林家たい平さん

http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0529/kyo_160529...


これもみごとなカモフラージュ作戦だったと感心しました。

人気番組とは知っていましたが、司会者交代でこんなに楽しめたのは、さすが「笑点」だなと感じました。

「昇太さん-三平さん」の新コンビに大いに期待しているところです。
nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

晴れぬ疑惑内容、舛添要一都知事、定例会見  [ニュース]

家族の宿泊代だとしながらも、「都知事選の出馬に関する会議をやった」と説明し 「政治活動に使った」という認識であった。 会議の参加者、時間等は、プライベートなこともあり、報告できない。 しかし、懸念を持たれたので訂正するという説明であった。

政治資金規正法では、政治家が「政治活動に使った」というものは支出として認めるとなっているので、公私混同の検証ができないようである。制度の見直しが必要がある。
記載についても、会計責任者がミスって無記名の領収書を仕分けしていたという説明だとしたら、虚偽記載としての罪に問うことは、難しいようです。

法的責任については、以上のような概要であるが、道義的には全然納得いかぬ説明である。 正月に何時間会議をやったか、説明は無かったが、それで家族含めた宿泊代が政治活動費の会議費で政治活動にしてしまうところ資質的に問題である。
白紙の領収書にしても、会計責任者が後で用途を仕分けすることを考えると、そんなことはするはずがなく、すべて白紙というのは、後で都合よく会計処理をするためとしか思えない。

舛添知事は「説明責任は果たした」と語りましたが、今回の疑惑、法的責任は見直しましたという内容だけで、道義的には全然納得するような説明になっていません。

辞職の意思がないことを強調した舛添知事ですが、 公私混同に関しては都議会がどうするかということになると思います。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

舛添要一都知事、公私混同の説明 13日の定例会見!? [ニュース]

都市外交と称した「高額の海外出張」。 毎週末のように東京を離れて、公用車で湯河原にある自分の別荘通い。
などで批判されている
東京都の舛添要一知事(67)であるが、最初は、違反ではない必要性があると言い訳としか聞こえない理由を説明していた。

舛添要一知事は、9日のTBS報道番組「NEWS23」に生出演しルール通りと応えていた「公用車での毎週末の湯河原の別荘通いには、公用車は使わない」と弁明したが、 海外出張に対しては事務方にまかせすぎた」「真摯に反省し今後できるだけ直していきたい」など他責発言と思われる内容に留まった。


ところが、11日発売の週刊文春が、東京都の舛添要一知事の新疑惑として報じた。

疑惑の内容は、政治団体(解散)の収支報告書に記載されている、2013年1月3日と翌14年1月2日、いずれも正月に、千葉県内の温泉ホテルで「会議費用」として計37万円が家族旅行代ではと疑惑視されているのである。

この疑惑に対し舛添要一知事は、報道陣に「今日はちょっとやめていただきたい」と述べ、13日の定例会見で説明する意向を示した。

「高額の海外出張」、「公用車での別荘通い」の批判は、ルールの解釈や都民の命を預かる責任者としての自覚の問題であったが、「会議と称した家族旅行」となると政治資金規正法違反となると犯罪となる重大疑惑となります。

その他にも政治活動費ということで、東京、横浜、湯河原などの料理店での「飲食代」も計上されています。

今回の舛添要一知事の問題に対し政治家としての資質を疑問視していましたが、新疑惑が出てきて、完全に公私混同しています。
13日の定例会見で、どのように説明するのか注視していきます。

タグ:舛添要一
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

満島ひかり「トットてれび」で黒柳徹子を演じる [エンタメ]

満島ひかり(30)さんが、黒柳徹子(82)さんの1953年にNHKの専属テレビ女優第1号となって以来の人生を演じます。

トットてれび 1619f2b3.jpg


http://lineblog.me/dessart/archives/5666044.html

黒柳さん直々の指名

ドラマ化に驚いた黒柳さんは、「満島さんが私をやってくれるなら」と直々の指名だったことを明かし、満島ひかりさんの配役に納得して喜んだようです。

あの特長ある早口で明快でタマネギ頭の黒柳さんを、満島ひかりさんがどのように演じるのか大変楽しみな番組です。

それにテレビの草創期の昭和の大スターを、それぞれ現代の役者が演じるのも楽しみです。 森繁久彌さん(吉田鋼太郎さん)、渥美清さん(中村獅童さん)、向田邦子さん(ミムラさん) 、坂本九さん(錦戸亮さん)、沢村貞子さん(岸本加世子さん)ら多くのスターが登場するようです。大変な豪華キャストになっています。

テレビ放送が始まった1953年から今年で63年です。テレビと共にという感じの黒柳さんの人生はテレビの歴史、全て生放送だった時代だった頃の裏話も楽しみです。
毎回ラストでは懐かしいヒットソングを現代風にショーアップして、ミュージカル仕立てで披露されるようで、これも楽しみです。

満島ひかりさんは、『黒柳さんを何歳になっても変わらない可愛さを表現できる人。 女優でも歌手でも司会者でも声優でもなく「黒柳さん」なんです。黒柳さんたちが作ってきたものは理想です。』と言っています。

ユニセフ親善大使、パンダ保護でも活躍している黒柳さんを満島ひかりさんが演じる とても楽しみにしている「トットてれび」は、2016年4月30日(土)スタートです。
総合 毎週土曜 夜8時15分~8時43分 <連続7回>

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

今世紀最高の朝ドラ「あさが来た」が終了 [エンタメ]

朝ドラの「あさが来た」が4月2日の全156回の放送で終了になりました。
期間平均の視聴率が23・5%で今世紀最高を記録しましたね。



あさが来た 7270d58bf7cece273aac8624cc325825-640x396.jpg


http://ciatr.jp/topics/74411

なぜ、ここまで人気が出たのか振り返ってみました。

●主人公がモデルと俳優とも有名人ではなかった
主人公のモデルとなった広岡浅子が、誰もが知っているような有名人ではなかったことにあったと思います。
「知らない人だけどNHKが取り上げた人物」どんな女性?

「これからどんなすごいことをやるんだろう」という期待感をもてたことにあるのではないでしょうか。

それとなんと言ってもオーディションで2590人から選ばれたヒロイン役の波瑠(24)さんの演技に対する期待でしょう。

●商人の視点から見た明治維新
幕末から明治維新という歴史物語は武士からの視点で書かれるものが多いと思われますが「あさが来た」は両替商を通し、大阪を中心にドラマが商人の視点で展開していくところが興味深く見ることができました。

●主人公の波瀾万丈な生き方
幕末から明治・大正を生き抜いた実業家・広岡浅子の人生が「びっくりポン」の連続で
あることから、次はどうなるの? につながったと思います。

両替商を銀行にして、炭鉱経営に乗り出し、生命保険会社を作り、女子大学を設立するという波瀾万丈な生き方、『七転八起』ではなく『九転十起』のすごい人生が視聴者を惹きつけたと思いました。

●知らない俳優が沢山出演
知らない俳優が次から次へと出演しました。
一番のブレークは、五代友厚を演じたディーン・フジオカ(35)さんでしょう。
五代友厚が亡くなると、悲しみに暮れる女性が続出して「五代ロス」が発生するほどの
ブレークぶりです。
ディーン・フジオカさんは、ブレーク後他局の番組、CMでも見るようになりましたね。
その他
白岡千代役を演じた 小芝風花(18)さん、田村宜役を演じた 吉岡里帆(23)さん
亀助役を演じた 三宅弘城(48)さん、山本雁助役を演じた 山内圭哉(44)さん
ナツ役を演じた 清原果耶(14)さん などまあ 知らない俳優が沢山出演して楽しませてくれました。

どうしてこんなに新しい俳優がでるのか?
どこから探してくるのか? 疑問が湧きますよね。

この疑問の答えは、脚本を担当した大森美香さんに答えがあるようです。

大森美香さんの狙いは、朝ドラからすてきな俳優さんを発見する楽しみや喜びを味わってもらうということだったようです。その点では、狙い的中ということですね。

ですからすでにテレビで活躍している役者さんではなく他の分野で活躍している人を何百人と調べましたようです。
その人の写真や動画を見て地道に調べ、制作スタッフと話し合い
そんな作業の流れの中で、ディーン・フジオカさんも決定したようです。
他の俳優も同じ流れで決定したようです。

脚本など裏方の熱い努力が伝わってきますね。


●「あさ」と「はつ」のWヒロイン

京都の豪商・今井屋に姉妹として生まれたヒロインのあさ役の波瑠さんと姉役のはつ役の宮崎あおい(30)さんのWヒロインがとてもよい演技を見せてくれました。

大阪一の老舗両替商「山王寺屋」に嫁ぐはつ、大阪の有力両替商「加野屋」に嫁ぐあさ
同じようなスタートで始まったドラマではあったが、その後の人生は大きく変わります。
この変わり方が、商人の視点から見た明治維新ということで大変興味深いものでした。

「加野屋」に嫁いだあさは、波瀾万丈な生き方、「九転十起」の人生、姉のはつは、明治維新の変動で倒産した「山王寺屋」を後に和歌山に移住し みかん農園を営み自立した新たな生き方をします。
私は、お嬢様として生まれた はつが環境の変化に負けず自立していく生き方に感動しました。

史実では、姉のはつは、25歳ぐらいで亡くなっているようですが「はる」との別れを見ることなく最終回になったことは、よかったと思っています。

●「新次郎」と「あさ」
「あさ」の夫・新次郎を演じた玉木宏(35)さんがいい演技を見せてくれました。
遊び人のように見えて、陰でしっかり支えている。不言実行の新次郎さんでしたね。

自然と有言実行のあさに比較することになるので、新次郎がより光った気がします。

●まとめ
人気のポイントは、沢山ありますがまとめると
「あさが来た」は、いろいろな人物が丁寧に描かれそれぞれの人生が気になり
自分だったら「どうする」を考えさせてくれたところでは、ないでしょうか。
そして、温かい元気が貰える素敵な朝ドラにしたところが、人気のポイントであったように思いました。
タグ:あさが来た
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

「乙武洋匡」氏の不倫、なぜ妻も謝罪文 ? [エンタメ]

乙武洋匡(39)氏の不倫が「週刊新潮」3月24日発売号で報じられたことを知りました。

乙武洋匡 08d78cd1.jpg 6d98487c.jpg

http://laughy.jp/1427756345350149623



今度は乙武洋匡氏ですか。

乙武洋匡氏と言えば『五体不満足』の著者で、先天性四肢切断という症状を持って生まれてきたが暗さ、悲観的といった言葉から無縁に元気一杯、明るく過ごしてきた20歳くらいまでの生涯を綴った自伝であった。

「不満足」とは健常者側から見た「思い」であり本人が「不満足」と思っていなければ「不満足」ではないと私達の「思い違い」を気づかされたことを記憶しています。
頑張れとエールを送り元気を貰ったことを覚えています。

学校の先生をやって、結婚もして子供もいる、最近では「参議院選挙に出馬するとか?」 のニュースを観て、乙武洋匡氏も政治活動するのか? と思っていたら不倫騒動です。

週刊誌の取材に対し

「肉体関係もあります。不倫と認識していただいて構いません」

「彼女とは3、4年前からのお付き合いになります」

「これまでの結婚生活で5人の女性と不倫した」

と告白したようです。

妻と子供がいて、都の教育委員も務めた教育者の顔がありながら、ずいぶんアッサリと認めたものです。

そして、妻の仁美さんまで謝罪のコメントを発表したことが驚きです。 ネット上でも「なぜ奥様が謝罪するのだろう」と不思議がる声が噴出しています。

わたしも妻の謝罪文は不要だと思いますが、なぜ掲載したのか?
スキャンダル収束に向けた思惑を感じます。

乙武洋匡氏は事前に週刊誌の取材は受けていたとのことなので、スキャンダルが世に出ることは知っていたはずです。
それで公式サイトで謝罪したということなら、不倫騒動の収束を図ったのだと思われます。

なぜ収束を図ったのかというと、「参議院選挙への出馬?」と思われます。
夫人のコメントを一緒に掲載した公式サイトの謝罪か゜世間の反感を買って思惑通りにならなかったようです。

不倫騒動、公式サイトでの謝罪、と一連の流れから見える乙武洋匡氏の考え方では、国会議員選挙には出馬すべきではないと思いました。
タグ:乙武洋匡
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ショーンKの学歴詐称は本当だった [エンタメ]

ショーンK氏ことショーン・マクアードル川上(47)氏の学歴、経歴詐称疑惑を「週刊文春」がスクープしました。
ショーンK hqdefault.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=u0rTC9yDXzs

ショーンK氏は、今回の文春報道を受けて、自身のHPで謝罪し、活動を自粛することを発表しています。

活動を自粛する番組 (3月16日付ですべて消滅)

①月曜コメンテーターを務めたBSスカパー「Newsザップ」
②テレビ朝日系「報道ステーション」
③4月から予定されていたネットテレビ局「Abema TV」の出演
④ナビゲーターを務めるJ-WAVEのビジネス情報番組「MakeI T21」
⑤金曜に出演していたフジ局系「とくダネ!」
⑥4月から放送開始予定だったフジの大型情報番組「ユアタイム」

学歴のウソ

ショーンK氏は、公式HPなどでは日本の高校を卒業後、米テンプル大で学位を、ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。その後、パリ第一大学に留学をしたという輝かしい学歴を掲載していました。

これが全部ウソだったのだ。

経歴のウソ

ウソは学歴だけに留まらず年商30億円の敏腕経営コンサルという経歴もウソのようです。

「ショーン・マクアードル川上」は芸名
ショーンK氏ことショーン・マクアードル川上氏の本名が「川上伸一郎」で、「ショーン・マクアードル川上」「ビジネスネーム」であることを所属事務所の奈美木社長が明らかにしました。
この内容は「週刊文春」にも掲載されていす。

整形疑惑

「週刊文春」に掲載された熊本の私立高校時代の写真が“和風顔”だったことなどから、インターネット上では、外国人の血をひくという出自にも疑惑が生じ整形疑惑が浮上しています。


番組関係者のコメント

「報道ステーション」
「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスター(61)が視聴者へ「深くおわびします」と謝罪した。
「さまざまなところを確認できていないまま、ここまで続けてきたということに関して本当に申し訳ない思いです」と頭を下げた。

「とくダネ!」
フジテレビ「とくダネ!」の小倉智昭キャスター(68)が「番組としてお詫びをさせていただきたいと思います」と頭を下げた。
「未だに信じられない思いですが、本当に残念でなりません」と話した。

まとめ

学歴、経歴、整形とショーンK氏は「川上伸一郎」が作りだした人物だった。

番組関係者のコメントからもショーンK氏は、それなりの評価を得ていたようである。
しかし、ウソから始まっている「ショーンK」を演じることに対しての苦しみは無かったのか?

苦しみの有無は別として、詐欺師「ショーンK」として生きていこうとしていたのでしよう。

だから「週刊文春」のスクープが無かったら、「ショーンK」を続けていたと思われます。
しかし、「週刊文春」のスクープで詐欺師「ショーンK」が逮捕されたという感じです。

スクープ後の自粛対応は、経営コンサルとしてのショーンK氏の危機管理能力を感じさせます。

今回の学歴詐称事件、視聴者が欺れたことが一番の問題です。許せない気持ちです。

また、どうしてショーンK氏のような人物がテレビのコメンテーターに起用されるのか テレビ局にも責任は、あると思います。

自粛対応した大型情報新番組「ユアタイム」の後任は、本物のハーバード出身者が務めるというニユースが報道されていますが、信頼を裏切らない人選を願う次第です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

シャラポワ選手 ドーピング陽性 どうした? [スポーツ]

女子テニスのマリア・シャラポワ(28)選手=ロシアが3月7日、今年1月の 全豪オープンテニスでのドーピング検査で自身の検体から禁止薬物が検出されたと発表しましたね。

シャラポワ20160308-00010006-tennisnet-000-1-view.jpg

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-0001000...

世界反ドーピング機関(WADA)が定める禁止物質リストに変更があったことが理由と釈明しているようです。

昨年の12月に、WADAからシャラポワ選手をはじめ、全ての選手に新しい禁止薬物に関する変更事項は知らされていたようです。

シャラポワ選手は単にこの変更に関してリストが掲載されているページをクリックせず、見逃してしまっていたと明かしています。
シャラポワ選手には、それなりのサポートチームがいると思われますが、本人の 「クリック忘れ」だけで今回のような事態になるとは信じられませんね。
プロのアスリートが試合後のドーピング検査があるのが分っていて、陽性反応が出るようなことをするのか。

シャラポワ選手は 「全くもって、私自身の責任でプロテニス選手としてのプロフェッショナリズムに欠けることで、非常に大きな過ちを犯してしまいました。ファンの皆さんを落胆させてしまい、4歳からずっと大好きで続けてきたテニスを汚してしまいました。」 とコメントしています。

このコメントからも、シャラポワ選手の不本意な過ちによるものと思われます。

それでも処方箋を出した医師の責任に話が及ぶと、沈痛な面持ちで「最後は自己責任」と自身の過失を強調したようです。

しかしサポートチームの実力に疑問が残りますね。

シャラポワ選手の受けるであろう処分は、数年間の出場停止か、考えられる最小としては故意に摂取したのではなく全くの自身の過失となれば停止処分は下されない可能性もあるようです。

シャラポワ選手は、3月12日から暫定的な出場停止処分が科され、最終決定は保留されています。

今後の展開を見守りたいと思います。

nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

卓球 世界選手権 日本女子 決勝進出 [スポーツ]

卓球 世界選手権女子決勝トーナメントの準決勝で、3月4日、日本女子はシンガポールを破った北朝鮮と決勝を賭けて対戦した。

結果は3-1で北朝鮮を下し、決勝進出を決めた。


卓球 世界選手権 日本女子 決勝進出PK2016030502100059_size0.jpg

http://www.tokyo-np.co.jp/article/sports/list/2016...


1番手は伊藤美誠(15)選手、ここまで無敗でしたが、キムソンイ(21)選手にストレートで敗れました。
1次リーグの対戦で勝利したキムソンイ選手なので快勝を予想していましたが、卓球は本当にメンタルなスポーツなんだと感じさせられました。

キムソンイ選手のカットの強弱で伊藤選手のレシーブが外れる。世界卓球の技の凄さを感じ、一寸不安になるスタートとなりました。

2番手は日本のエース石川佳純(23)選手、エースのリ・ミョンスン(24)選手を
3-0で破り試合を1勝1敗にしました。

リ・ミョンスン選手もカットマンで、強弱のカットレシーブに対応する石川選手
の頭脳プレーが今日も非常に感じられる対戦でした。

3番手の福原愛(27)選手、リ・ミギョン(25))選手を3-1で下しました。
この試合は、さすが経験豊かな福原選手と感じさせるプレーが観られました。

福原選手の試合の時、石川選手が自分と同じ対戦相手のリ・ミョンスン選手と 4戦目で対戦する伊藤選手にアドバイスしている姿が映されていました。 伊藤選手は何度も何度相づちを打っていました。

石川選手、福原選手のエースの勝利で流れを引き寄せ、4戦目を向かえました。

この4戦目の試合は、感動しました。 試合結果は、伊藤選手がリ・ミョンスン選手をフルセットの結果3-2で下しました。 3試合目の対戦は、18-20で敗れたものの死闘という戦いでした。

この死闘の後、伊藤選手が吹っ切れきれたように変わり激戦に勝利しました。 伊藤選手は勝利の瞬間、ガッツポーズをして、涙を流しました。

伊藤選手の気持ちが伝わってくる感じと、「やった!」と私も叫んでしまいました。 フルセットのプレッシャーは凄いものがあったのでしょう。 15歳の中学生が世界で活躍している。本当に感動させられました。


石川選手は「ここまで来たら気持ちだと思って励ました。みんなで力を合わせていいプレーができたし、一戦一戦みんなで勝ってここまで来られたのは大きな自信になる」と
語ったようです。

福原選手は「美誠は本当に頑張った。すごい大きなプレッシャーの中で戦って、気持ち勝が手に取るように分かった。みんなでチーム一丸となって頑張った結果。決勝は思い切って自分たちのプレーをしたい」と語ったようです。

伊藤選手は、決勝に向け「金メダルを目標にやってきたので、あと1試合思い切ってやりたい。このチームに入れてすごく光栄です」と話ししたようです。


45年ぶりとなる金メダルをかけて、中国と3月6日に対戦します。
日本女子チームを応援しています。ガンバレにっぽん!

nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -
デジタル一眼

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。