So-net無料ブログ作成

シャラポワ選手 ドーピング陽性 どうした? [スポーツ]

女子テニスのマリア・シャラポワ(28)選手=ロシアが3月7日、今年1月の 全豪オープンテニスでのドーピング検査で自身の検体から禁止薬物が検出されたと発表しましたね。

シャラポワ20160308-00010006-tennisnet-000-1-view.jpg

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-0001000...

世界反ドーピング機関(WADA)が定める禁止物質リストに変更があったことが理由と釈明しているようです。

昨年の12月に、WADAからシャラポワ選手をはじめ、全ての選手に新しい禁止薬物に関する変更事項は知らされていたようです。

シャラポワ選手は単にこの変更に関してリストが掲載されているページをクリックせず、見逃してしまっていたと明かしています。
シャラポワ選手には、それなりのサポートチームがいると思われますが、本人の 「クリック忘れ」だけで今回のような事態になるとは信じられませんね。
プロのアスリートが試合後のドーピング検査があるのが分っていて、陽性反応が出るようなことをするのか。

シャラポワ選手は 「全くもって、私自身の責任でプロテニス選手としてのプロフェッショナリズムに欠けることで、非常に大きな過ちを犯してしまいました。ファンの皆さんを落胆させてしまい、4歳からずっと大好きで続けてきたテニスを汚してしまいました。」 とコメントしています。

このコメントからも、シャラポワ選手の不本意な過ちによるものと思われます。

それでも処方箋を出した医師の責任に話が及ぶと、沈痛な面持ちで「最後は自己責任」と自身の過失を強調したようです。

しかしサポートチームの実力に疑問が残りますね。

シャラポワ選手の受けるであろう処分は、数年間の出場停止か、考えられる最小としては故意に摂取したのではなく全くの自身の過失となれば停止処分は下されない可能性もあるようです。

シャラポワ選手は、3月12日から暫定的な出場停止処分が科され、最終決定は保留されています。

今後の展開を見守りたいと思います。



スポンサーリンク






nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
デジタル一眼

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。