So-net無料ブログ作成

ショーンKの学歴詐称は本当だった [エンタメ]

ショーンK氏ことショーン・マクアードル川上(47)氏の学歴、経歴詐称疑惑を「週刊文春」がスクープしました。
ショーンK hqdefault.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=u0rTC9yDXzs

ショーンK氏は、今回の文春報道を受けて、自身のHPで謝罪し、活動を自粛することを発表しています。

活動を自粛する番組 (3月16日付ですべて消滅)

①月曜コメンテーターを務めたBSスカパー「Newsザップ」
②テレビ朝日系「報道ステーション」
③4月から予定されていたネットテレビ局「Abema TV」の出演
④ナビゲーターを務めるJ-WAVEのビジネス情報番組「MakeI T21」
⑤金曜に出演していたフジ局系「とくダネ!」
⑥4月から放送開始予定だったフジの大型情報番組「ユアタイム」

学歴のウソ

ショーンK氏は、公式HPなどでは日本の高校を卒業後、米テンプル大で学位を、ハーバード・ビジネススクールでMBAを取得。その後、パリ第一大学に留学をしたという輝かしい学歴を掲載していました。

これが全部ウソだったのだ。

経歴のウソ

ウソは学歴だけに留まらず年商30億円の敏腕経営コンサルという経歴もウソのようです。

「ショーン・マクアードル川上」は芸名
ショーンK氏ことショーン・マクアードル川上氏の本名が「川上伸一郎」で、「ショーン・マクアードル川上」「ビジネスネーム」であることを所属事務所の奈美木社長が明らかにしました。
この内容は「週刊文春」にも掲載されていす。

整形疑惑

「週刊文春」に掲載された熊本の私立高校時代の写真が“和風顔”だったことなどから、インターネット上では、外国人の血をひくという出自にも疑惑が生じ整形疑惑が浮上しています。


番組関係者のコメント

「報道ステーション」
「報道ステーション」の古舘伊知郎キャスター(61)が視聴者へ「深くおわびします」と謝罪した。
「さまざまなところを確認できていないまま、ここまで続けてきたということに関して本当に申し訳ない思いです」と頭を下げた。

「とくダネ!」
フジテレビ「とくダネ!」の小倉智昭キャスター(68)が「番組としてお詫びをさせていただきたいと思います」と頭を下げた。
「未だに信じられない思いですが、本当に残念でなりません」と話した。

まとめ

学歴、経歴、整形とショーンK氏は「川上伸一郎」が作りだした人物だった。

番組関係者のコメントからもショーンK氏は、それなりの評価を得ていたようである。
しかし、ウソから始まっている「ショーンK」を演じることに対しての苦しみは無かったのか?

苦しみの有無は別として、詐欺師「ショーンK」として生きていこうとしていたのでしよう。

だから「週刊文春」のスクープが無かったら、「ショーンK」を続けていたと思われます。
しかし、「週刊文春」のスクープで詐欺師「ショーンK」が逮捕されたという感じです。

スクープ後の自粛対応は、経営コンサルとしてのショーンK氏の危機管理能力を感じさせます。

今回の学歴詐称事件、視聴者が欺れたことが一番の問題です。許せない気持ちです。

また、どうしてショーンK氏のような人物がテレビのコメンテーターに起用されるのか テレビ局にも責任は、あると思います。

自粛対応した大型情報新番組「ユアタイム」の後任は、本物のハーバード出身者が務めるというニユースが報道されていますが、信頼を裏切らない人選を願う次第です。



スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
デジタル一眼

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。