So-net無料ブログ作成
検索選択

「乙武洋匡」氏の不倫、なぜ妻も謝罪文 ? [エンタメ]

乙武洋匡(39)氏の不倫が「週刊新潮」3月24日発売号で報じられたことを知りました。

乙武洋匡 08d78cd1.jpg 6d98487c.jpg

http://laughy.jp/1427756345350149623



今度は乙武洋匡氏ですか。

乙武洋匡氏と言えば『五体不満足』の著者で、先天性四肢切断という症状を持って生まれてきたが暗さ、悲観的といった言葉から無縁に元気一杯、明るく過ごしてきた20歳くらいまでの生涯を綴った自伝であった。

「不満足」とは健常者側から見た「思い」であり本人が「不満足」と思っていなければ「不満足」ではないと私達の「思い違い」を気づかされたことを記憶しています。
頑張れとエールを送り元気を貰ったことを覚えています。

学校の先生をやって、結婚もして子供もいる、最近では「参議院選挙に出馬するとか?」 のニュースを観て、乙武洋匡氏も政治活動するのか? と思っていたら不倫騒動です。

週刊誌の取材に対し

「肉体関係もあります。不倫と認識していただいて構いません」

「彼女とは3、4年前からのお付き合いになります」

「これまでの結婚生活で5人の女性と不倫した」

と告白したようです。

妻と子供がいて、都の教育委員も務めた教育者の顔がありながら、ずいぶんアッサリと認めたものです。

そして、妻の仁美さんまで謝罪のコメントを発表したことが驚きです。 ネット上でも「なぜ奥様が謝罪するのだろう」と不思議がる声が噴出しています。

わたしも妻の謝罪文は不要だと思いますが、なぜ掲載したのか?
スキャンダル収束に向けた思惑を感じます。

乙武洋匡氏は事前に週刊誌の取材は受けていたとのことなので、スキャンダルが世に出ることは知っていたはずです。
それで公式サイトで謝罪したということなら、不倫騒動の収束を図ったのだと思われます。

なぜ収束を図ったのかというと、「参議院選挙への出馬?」と思われます。
夫人のコメントを一緒に掲載した公式サイトの謝罪か゜世間の反感を買って思惑通りにならなかったようです。

不倫騒動、公式サイトでの謝罪、と一連の流れから見える乙武洋匡氏の考え方では、国会議員選挙には出馬すべきではないと思いました。


スポンサーリンク






タグ:乙武洋匡
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
デジタル一眼

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。