So-net無料ブログ作成
検索選択

2016 第24回参議院選挙 [ニュース]

総務省が11日午前、第24回参院選の投票率を発表しました。投票率は54.7%で過去4番目の低さでした。
今回の選挙から選挙者年齢が18歳となり、投票率のアップを秘かに期待していた者としては不満な結果でした。
今回の選挙期間中、選挙カーの騒音もほとんど聞かず盛り上がりに欠けていた選挙だとは
感じていました。
今回の選挙の争点は、改憲勢力が2/3以上の議席を確保するか ということにあったと考えていましたが、結果は自民の圧勝で改選前の115席を120席に伸ばした。改憲4党の合計は159議席となり、2/3超えになるような結果でした。
今回の選挙、沖縄の基地問題、福島の原発、東北地方のTPPに一部現在の自公政権に反対
する動きもありましたが、自公政権の選挙戦略が勝利したように感じました。
メデアも都知事選の候補報道で参院選の報道に熱が入っていなかったように思えます。
自公政権の選挙戦略でも、改憲の話題はなく選挙の争点にならず、有権者のなかで「改憲勢力が2/3」のことを知らない人がインタビーの中で報道され関心の低さと、メデァの報道不足を感じました。

自分で考え、どように自分の意見を発言していくかを考えて行動することが大切であると感じた選挙でした。



スポンサーリンク






nice!(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
デジタル一眼

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。