So-net無料ブログ作成

加藤晴彦結婚 CMも実生活も父親 [エンタメ]

”加藤晴彦「冬の顔」CMの20年”の見出しをヤフーニュースで見ました。

加藤晴彦 asa_et20140825_ym_katou-ns-big.jpg


http://www.nikkansports.com/entertainment/news/pho..

文字から”フォーククルセダーズの加藤和彦”が脳裏に浮かび「加藤晴彦画像」で確認して「あ~アルペンのCMの人」だと分りました。

ここでフォーククルセダーズの妄想は消えました。

ゲレンデ離れが続く昨今、加藤晴彦(40)さんもアルペングループのCMタレント
20年だそうです。

父親役のCMは、年齢からも妥当という感じです。
スポンサーも新しい基軸を狙っているようです。
親子連れのウィンタースポーツという感じになるのでしょうか?

現在の加藤晴彦さんは、どうしているのか?

加藤晴彦さんは2015年8月に名古屋の一般女性と結婚しています。

お相手の嫁は30代で、テレビ局勤務の女性で「母親以来、美味しい赤だしの味噌汁を作ってくれた彼女。その赤だしのように、熱くコクのある日々を、夫婦揃って過ごしていきたいと思っております」とマスコミ各社に報告しているようです。

また、夫人が妊娠7カ月であることを昨年の12月18日の上沼恵美子さんのカンテレのバラエティー番組「快傑 えみちゃんねる」に出演した時、報告しています。

加藤晴彦さんは名古屋出身で、中日ファンだそうです。かねてから「名古屋愛」を語っていただけに、名古屋名物の赤だし味噌の“味噌汁”は結婚の決め手になったようですね。

仕事は、名古屋と東京がほぼ半々というバランスで、両方に拠点を置きながら頻繁に往復を続けているようです。

「突然キレる」という話題も出てきますが、お嫁さんを大切にして幸せな家庭を築いてください。
タグ:加藤晴彦
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

ベッキー 週刊文春第4弾の全文で芸能生命? [エンタメ]

年明け早々始まったベッキー(31)と川谷(27)不倫疑惑騒動、週刊文春が第4弾を発表しました。
ベッキー 6def48f17bbd64271728f9ae0f28e4d3.jpg

http://ironna.jp/article/2736



これまでの流れで、第3弾のLINE画像の流出が最悪だと思います。

「堂々と交際できるキッカケになるかも」

「私もそう思っているよ!」

「ありがとう文春!」

「センテンススプリング!」

この会話が謝罪会見の前日だったことを知った時、ベッキーに対するイメージが変わりました。

この記事により、ベッキーの擁護派も一転してベッキーを非難する様になったのではないかと思います。

2月からは10社あったCM契約もすべてなくなります。


週刊文春の第4弾の全文内容とは?

今回の第4弾には今までと違いLINEの写真や画像はありませんでした。
インディーズ時代から支えてくれた嫁さんを捨て、なぜ川谷がベッキーに惚れこんだのかがよく分かる内容でした。


現在のベッキーは食事が喉を通らいようで、睡眠も十分に取れていない日が続いているようです。

このままでは仕事ができないと判断した所属事務所のサンミュージックが28日にテレビ各局に「しばらくお休みしたい」と申し入れたようです。

現時点での司会の交代や番組降板を否定しているフジテレビ系のレギュラー番組「にじいろジーン」も休業で影響が出そうな感じがします。

今回の不倫疑惑騒動、更なる真実が出てくるのか分りませんがベッキーに対するイメージが変りました。

タグ:ベッキー
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

石田祐未、大学は? 琴奨菊の嫁すごい! [エンタメ]

大関の琴奨菊関(31)が優勝を決めて以来、奥様の石田祐未さんが紹介されることが多く、 綺麗すぎる、大学はどこと話題になっています。

石田祐未、琴奨菊 AS20150220003931_commL.jpg

※ http://www.asahi.com/articles/photo/AS201502200039...


先日、日本人力士としては、10年ぶりに優勝を果たした、琴奨菊関。
優勝を決めた取り組みは、大関の豪栄道関を突き落としで下して14勝1敗で、悲願の初優勝を飾りました。

決まった瞬間、「やった」と知らず知らずの内に10年ぶりの優勝に琴奨菊関を応援していました。

琴奨菊関の優勝の話題も勿論ですが、冒頭で紹介しましたように、一緒に話題になっている奥様の石田祐未さんが気になりましたので調べてみました。

石田祐未さんは、東京都出身で、現在29歳。学習院大学を卒業されています。 そして、日本語、英語、ロシア語、スウェーデン語の4か国が話せるようです。
幼い頃、お父さんの仕事の関係で、スウェーデンで海外生活をしていたそうですが 何事も積極的に取り組むとき、コミニュケーションとしての語学は必要になります。

石田祐未さんが積極的な人なんだろうと感じます。

結婚前は、アパレル関係のお仕事をされていたようです。 2014年10月にプロポーズを受け、2014年末には退職されて専業主婦をされているようです。
2015年年明けから同居をはじめています。
2015年7月に琴奨菊関と結婚しました。
やはり、力士の嫁は旦那さんの体調管理などができないと務まらないのでしょうね。

石田祐未さんと琴奨菊関は、1年半付き合ってのプロポーズだったようで、友人の紹介で 知り合ったのは2013年の夏ごろのようです。

プロポーズは、琴奨菊関の故郷の柳川市の名物ドジョウを自らに例え、成長しいく物語を絵本にして、最後に結婚の申し込みの言葉を添えてダイヤの指輪を挟んで「結婚しよう」とプレゼントしたそうです。

石田祐未さんは、「彼の人柄に魅せられた。何の迷いもなくお嫁さんになりたいと思った」とOKを出したようです。

琴奨菊関の正直な性格が伝わってくるようなエピソードですね。

結婚後は、仕事は「大関の嫁」になり、フードマイスターの資格を習得され健康管理で 琴奨菊関を支えているようです。

琴奨菊関の10年ぶりに優勝にも感動しましたが、素晴らしい奥さんの支えもしることのできる優勝でした。

今度は、横綱を目指しがんばってもらいたいですね。

nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

大沢悠里のゆうゆうワイド、後任は 伊集院光! [エンタメ]

TBSラジオの看板番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』が、30年を迎える今年4月8日で終了することが18日、わかりました。後任は 伊集院光(48)さんです。
大沢悠里のゆうゆうワイド yjimage.jpg
http://radioweb.jp/?action=content-detail&type=adv...

ラジオ界では90年から年に6回、個人聴取率調査を行っていますが、
TBSラジオは昨年10月の調査まで86期間連続、なんと14年4カ月連続でナンバーワンに輝いています。
その原動力が『大沢悠里のゆうゆうワイド』で、ほぼ毎期、全局全番組でトップを独走しているようです。

引退発表は、18日の放送で自身が引退に至った経緯を含め直近の考えていることを述べてます。

引退の一番の引き金は、体力のようです。
74歳になる大沢悠里さんです。
毎朝6時には出勤して、まずスタジオの掃除に取り掛かる。
その後にリスナーからの手紙を丹念に読み、8時30分から13時までの毎日4時間半の生放送。相当な体力です。

「疲れてくると質が落ちるんです」と流石プロの発言ですね。

庶民感覚に、ところどころで光る知性が魅力的でファンでした。
一寸残念な気がしますが、残り2ケ月半を楽しむことにします。

後任についても、大沢悠里さんから紹介されました。

後任の、伊集院光さんが担当する『深夜の馬鹿力』は夜中1時からの放送ながら、

若者の圧倒的な支持を受けている人気番組です。

後番組では中高年に加えて、若いリスナーも取り込めるかもしれませんが、放送時間帯と若者のライフスタイルが一致するかがポイントのような気がします。

「伊集院光のTBSラジオ朝の顔」が、どんな顔になるか?
これはこれで楽しみなところです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

SMAP謝罪会見で分ったこと [エンタメ]

SMAPが、18日放送のフジテレビ系「SMAP×SMAP」で分裂、解散危機騒動に対する謝罪会見で、グループ存続を宣言しました。

SMAP謝罪会見 sumasuma-syazai-misesime-arasisakurai-2.jpg

http://ringosya.jp/sumasuma-syazai-misesime-arasis...

この会見内容について、ネット上で大きな波紋が広がっているようです。
波紋の内容は、テレビの情報番組が好意的な報道が多かったのですが、視聴者やファンの間では「公開処刑」とも評され、マスコミとネットの温度差を感じます。
会見の内容や模様を観ても、不自然だと思ったのが第一印象でした。

生出演ではあったが、発言内容についても、最後の草なぎ剛(41)さんは

「皆さんの言葉で気づいたこともたくさんありました。本当に感謝しています。今回、ジャニーさんに謝る機会を木村君がつくってくれて、今、僕らはここに立てています。5人でここに集まれたことを、安心しています」と話した。

この内容を、最初はリーダーの中居正広(43)さんがやる予定だったらしいのですが 中居さんが難色を示したようです。
発言内容の原稿は造られ、発言は構成されていたような気がします。 ですから「メンバーの表情に生気がない」ないように感じたのかもしれません。

事務所側からの「5人のメンバーの口から直接、現在の心境を語らせていただくことが、せめてもの誠意」との説明に対し、疑問が残ります。

今後のSMAPの活動ですが、「全員が別の事務所に所属」して活動するようなことがあるのでしょうか?

5人揃っての活動ですので、ジャニーズに残ってこれまでのように活動するのでしょうか?

日刊スポーツ 1月21日(木)6時3分配信で 「SMAP中居ら4人ペナルティーなし 生謝罪決め手」という見出しが入ってきています。

今後どのような着地をみせるのか、目が離せない状況は続いています。
タグ:SMAP
nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

「SMAP解散」本当? 協議中どうしてなの? [エンタメ]

ヤフーニュースで「SMAP解散」という見出しが目に飛び込んできました。


SMAP Bz0ug_qCEAAsnWr.jpg



https://twitter.com/pamudesutw/status/635065834294...

記事内容は

『SMAPが分裂、解散危機にあることが12日、分かった。

育ての親と言われる女性マネジャー(58)がこの日、ジャニーズ事務所の子会社の取締役を辞任。来月に同事務所を退社する予定だ。

この影響で中居正広(43)さん 稲垣吾郎(42)さん 草なぎ剛(41)さん香取慎吾(38)さんの4人が退社の意思を伝え、木村拓哉(43)さんが事務所に残ることを決めた。
現段階では分裂状態にあり、このままでは解散は避けられない。(スポニチアネックス)』

という内容でした。

「どうしてなの?」と思い関連記事を調べてみました。

SMAPの分裂劇は昨年8月(2015年夏)ごろからで、引き金は週刊誌に掲載されたジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長のインタビューをめぐり女性マネジャーとの確執が発端のようです。


女性マネジャーはSMAPを国民的グループに育てあげテレビ局などに対し大きな力を持っており、ジュリー藤島氏も傘下にいるタレントを売り込んでトップの座を競っていると言われていました。

この状況を週刊誌が「後継者争い」としたのでメリー氏が激怒したのです。
インタビューの席に女性マネジャーを呼び出し「事務所を出ていってもらう!」と叱責したようです。

このてん末が誌面に掲載され、女性マネジャーは「もう事務所には残れない」と周囲に漏らすようになったようです。

そして、ジャニーズ事務所の子会社の取締役を辞任することになったようです。 来月には同事務所も退社する予定のようです。

今回の「SMAP解散」は現実になるように思えます。

13日のヤフーニュースでは、「週刊新潮」の記事で、確定だなという思わせる内容が報道されています。

「SMAP解散」の原因は、やはりSMAP育ての親の飯島マネージャーとジャニーズ事務所副社長のメリー喜多川氏の対立のようです。

二人の間の溝は、意思疎通ができないほど深刻化しSMAPの仕事の進め方で、昨年の9月には双方で弁護士を立て、協議するところまでになっていたようです。

弁護士を通しての協議は、昨年12月半ばには決着したようで、飯島マネージャーの退社、木村拓哉さん以外の4人の事務所退社ということになったようです。

SMAPは国民的アイドルまでになっています。まだまだ、いろいろな活躍を楽しみにしていたグループなので残念な気持ちです。

今後どのようになって行くのか見守っていきたいと思います。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

平岳大の「真田丸」武田勝頼役に賛辞 [エンタメ]

話題の大河ドラマ「真田丸」の放送がついに始まりました。

三谷幸喜さんの脚本で堺雅人さん主演ということで話題を集めていました。

初回「船出」の視聴率は19・9%で好発進したようです。
初回の感想としては、前回に比べ面白そうと感じ今後に期待できるという感じでした。

平岳大の「真田丸」sw2a.jpg

http://ree-47.cocolog-nifty.com/blog/2016/01/1-a1c

「真田丸」1話での平岳大の武田勝頼には泣かされました。
ネットの反応を見ると1万6000件を超える人の賞賛の声が投稿されているようで多くの人が同じような思いをしたようです。

武田勝頼は、偉大な父信玄の築いた隆盛を継承できなかった人物として低い描かれ方が多い武将で、みなさんのイメージもそうだったのではないでしょうか?

平岳大の演じた情深く哀愁たっぷりの武田勝頼は、イメージが変わりました。
武田勝頼が家臣の離反や裏切りを静かに受け止めながら、最後まで武田家を支えようとした真田家に生き延びるための道筋をつけるなど、やさしく、品格の高い人物として描かれていました。
「勝者よりも敗者を描きたい」という三谷幸喜らしい“勝頼像”を、平岳大が見事に演じてくれました。
織田信長の甲州征伐で新府城を捨てて真田領の岩櫃城に向かう武田勝頼ですが
小山田信茂(温水洋一)に「ワナかもしれない」といわれ小山田信茂の岩殿城に行くことにします。
が最後に裏切られますね。武田勝頼はこれで行き場を失ってしまうのです。

織田家の家臣、滝川一益の軍が迫る中、最後の覚悟を決めた武田勝頼は跡部勝資の介錯で 自害を遂げるのです。

享年37歳の若さでした。これが450年の歴史を誇った武田の最期です。

次回には滅亡を迎える悲運の登場人物が人気となっているようです。

「真田丸」自体が敗者の物語でなので、滅亡から始まるこのドラマの世界観が1話から 展開されているように感じました。

タグ:真田丸

ベッキーと川谷のLINE カラー画像有 不倫の証拠と流出元? [エンタメ]

ベッキーとゲスの極み乙女の川谷の不倫報道

株式会社文芸春秋の人気雑誌「週刊文春」(2016年1月16日号 / 1月7日発売)で
ベッキー(31)と川谷絵音(27)の不倫報道が掲載され、予想を超える話題となっています。

ベッキーは、この記事が報道される前の6日夜に都内で緊急会見を開きました。
「誤解を招くような大変軽率な行為だったと、深く反省しております」と目に涙を浮かべて謝罪し、交際を否定し「友人関係であることは間違いありません」と強調しました。
質問は受け付けず、約5分間、一方的に語るだけの会見でした。

しかし、「LINEでのやり取りの画像」からすると、会見で使用した「誤解」などという内容でないと思われます。

bbb becky02.jpg


aaa becky01.jpg

http://buzz-plus.com/article/2016/01/07/becky-line-furin/

この不倫報道は、以前からリークされていたようですが、新春の一発目スクープになるように先延ばしにしていたと予測する関係者も多いとされています。
新春号にすれば、ベッキーの不倫相手は「紅白出場歌手」というタイトルになり、魅力的になりますよね。


LINE カラー 画像 流出元は?

さて、個人でしか見ることの出来ないLINEのカラー画像がなぜ流出したのか?
この疑問にたいするコメントがネット上を賑わしています。

LINEのアカウント乗っ取りでは?という話も出ているようですが
そのような手段は違法となる可能性が高いため、これは川谷の奥様からの提供ではないか?という線が強いようです。

この不倫報道で、ベッキーのCM放送がどんどん変更されていますが、芸能活動に終止符が打たれてしまうのか気になるところです。

川谷が所属するバンドについても、ベッキーという大手芸能プロダクションのお偉方から高評価の人気タレントの不倫報道で、今後の活動が困難になることもあり得ると芸能関係者が語っているようです。


これほど話題になるとは、あらためてベッキーの人気の高さを感じましたが、不倫だったことが問題なのですベッキーがなぜこうなったのか、疑問が残るニュースでした。

nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

WRESTLE KINGDOM 10 in 東京ドーム  開催される [エンタメ]

プロレス界最大のビッグイベント「WRESTLE KINGDOM 10 in 東京ドーム」が2016年1月4日(月)東京ドーム大会で開催されました。
東京ドーム大会での開催は今回で25回目となります。

大会タイトルが『WRESTLE KINGDOM』と変更になってからは、10回目です。
「WRESTLE KINGDOM 10 in 東京ドーム」の17:00からの開演には2万5000人を越える観客が詰めかけたようです。

新日本プロレスはここ数年、新規ファンを獲得していて、特に女性プロレスファン“プ女子”が急増しています。

プ女子o0653096013526686517.jpg
http://ameblo.jp/landwhale/

昔は別世界の人だったプロレスラーのイメージが、私服もオシャレでテレビに出演したりブログやツイッターを発信して親しみやすいイメージに変わってきています。

リングの中の鍛えた肉体と精神、リングの外の気さくで穏やかな感じ、このギャップに女性が惹かれているのだと思います。

日テレ朝の情報番組 スッキリの金曜日の「スイーツ真壁のうまいッス」などは、スイーツ好きのプロレスラー・真壁刀義が 日本全国で絶品スイーツマッチ!をするのですが、充分にギャップを感じさせます。
草食系男子や絶食系男子が登場して来ていますが、やはり強い男性に憧れをもつ女性の心には根強いものがあるのでしょう。

その憧れを満たしているのがプロレスラーになっているのではないでしょうか。


今回の大会では、学生の方、シニアの方にも来場してで楽しんでいただくために、小中高生シニア席も用意されプロレス人気の拡大を工夫されているようです。

ヤフーニュースで、「新日本プロレスが大手芸能プロダクション・アミューズと業務提携することが5日、明らかになった。」と伝えています。

アミューズは数多くの人気アーティストや俳優が所属する大手芸能プロダクションですから新日本プロレス所属選手(約40名)が、私たちの目の前に現れる機会が増えるでしょう。

新日本プロレス所属選手がアミューズを通じて、プロレス以外のフィールドでの活躍している様子が私たちの目の前に現れたらプロレス人気の拡大が更に進むように感じます。

IWGP王座を巡り、棚橋、中邑、オカダ、真壁、矢野、後藤、内藤らが激突! オカダ・カズチカがIWGPヘビー級チャンピオンを連覇。

オカダ・カズチカmqdefault.jpg
http://dougaz.com/319758/

大会エンディングでは、、IWGPヘビー級チャンピオンを連覇した“レインメーカー”オカダ・カズチカが新時代のエースとして堂々のマイクアピールをしました。

「2016年も! 新日本プロレスに!! いや、プロレス界に!! カネの雨が降るぞー!!」とマイクアピール。

新日本プロレスのエースとして、堂々と東京ドーム大会を締めくくりました。

プロレス人気の復活を期待します。
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
デジタル一眼

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。